こんなお悩みありませんか?

産後骨盤矯正について

京都府宮津市・京丹後市の皆さま!このような症状でお悩みではありませんか?

  • 妊娠中から身体にゆがみを感じる
  • 下半身が太くて痩せられない
  • 出産後から腰や背中が痛む
  • 脚のむくみや冷えることが多い
  • 持っている骨盤ベルトが上手く使えない

産後の骨盤のゆがみはなぜ起こる?

産後の骨盤のゆがみは実は妊娠中から関係しています。

妊娠中は出産に備えて準備が始まっており、骨盤が緩まりやすくなってきます。骨盤が最大域まで拡がって出産する訳ですが、その後に骨盤は元の位置まで戻ります。「妊婦 イラスト フリー」の画像検索結果

その際に骨盤が正し状態に戻らずにゆがんだ状態で戻ってしまうことが産後のゆがみの一番の原因となっています。

また、たとえ正常な位置に戻ったとしても骨盤が緩くなっており、動きやすいために正しい状態で骨盤ベルトを締めておかなければ、ゆがみを引き起こしてしまいます。

 

 

産後の骨盤のゆがみが改善しない・悪化する理由とは?

妊娠中に身体の骨格的なバランス、筋力のバランスが崩れてしまうことが、ゆがみが改善せずに悪化する一番の要因になっています。

妊娠中はお腹が大きいために歩行の際や日常生活においても前重心となり、骨盤や背骨にゆがみを生じています。

また、妊娠中はがに股歩行になることが多く、内転筋を中心とする内側の筋力が低下することも産後の骨盤のゆがみが改善しない要因となっています。

宮津市よこまち鍼灸整骨院の産後骨盤矯正に対する施術法は?

よこまち鍼灸整骨院の産後骨盤矯正に対する施術は、第一に骨盤のゆがみを矯正します。
特に出産後の骨盤は拡がっていることが多いため、矯正を行う際にも骨盤のひらきを調整しながら、上下のゆがみも併せて矯正します。

また、産後には子どもを抱っこする機会が多いために身体が過緊張状態になっており、過緊張状態の筋肉を緩和させる施術も行います。バランスの乱れによって筋力が低下している部分があるため、自宅で行っていただくエクササイズや体操も指導させていただき、出産前よりもバランスの取れた身体を患者様と一緒に目指します。