宮津市で骨盤矯正・鍼灸治療・深層筋調整なら、よこまち鍼灸整骨院

与謝野町でむち打ち治療なら

2018年03月9日

与謝野町は宮津市と隣接しており、よこまち鍼灸整骨院へも与謝野町から多くの方にご来院いただております。

 

与謝野町は自然に囲まれた素晴らし町で、織物業を始めとする伝統産業も豊富で、
与謝野町加悦のちりめん街道や加悦SL広場、与謝野町滝の千年ツバキ公園、与謝野町岩滝の大内峠一字観峠公園や阿蘇シーサイドパーク、与謝野町明石の与謝野町立古墳公園、与謝野町野田川のフォレストパーク、与謝野町岩屋の丹後ちりめん歴史館など、多くの観光スポットもあります。
日本酒の酒蔵も2カ所あり、最近ではホップ作りから行った与謝野ビールも製造されています。

 

このような素晴らしい与謝野町ですが、バイパス以外の旧道は細い道が多く、事故によるむち打ちが多い傾向にあります。

 

与謝野町や宮津市のような地方都市と都会の街並みでは、交通事故によるケガの程度や症状にも変化があります。

 

都市部の場合は低スピードで交通事故が発生する確率が高いですが、与謝野町や宮津市のような地方都市ではスピードを出した状態で交通事故を発生する確率が高くなります。
その分、交通事故によるむち打ち症状も強く出現することが多く、治療も長期化する場合があります。

 

むち打ち治療は出来るだけ早期に治療を開始することでシビレなどの神経症状を抑えることができ、後遺障害のリスクも軽減できますので、交通事故発生時は速やかに医療機関を受診し、適切な治療を受ける必要があります。

 

 

よこまち鍼灸整骨院の最近の取り組みとして、さまざまな情報の収集を行い、統計を取ってデータ化することで、患者様にとって有意義なアドバイスや情報提供が行えるような取り組みを行っております。

 

その中で与謝野町の交通事故治療の中でも特に多い、むち打ちについての調査結果を発表します。
まず初めに、与謝野町で交通事故に遭われ、むち打ちを発症した患者様が一番多く症状を訴えた症状をランキング形式で発表します。

 

◆第一位は「首のだるさや鈍痛感」
◆第二位は「首の痛み」
◆第三位は「頭痛」
◆第四位は「背中のだるさ」
◆第五位は「手のシビレ」です。

 

どこの地域も同じような症状がランクインしますが、不思議なことに地域差は間違いなく存在します。

 

第一位の「首のだるさ」はむち打ち症状の典型例といえますが、この症状がなかなか緩和せずに治療が長期化するケースもあります。

第二位の「首の痛み」は鈍痛感と違い、動かし際の痛みや可動域の制限(横や上を向きにくい等)が出現します。

第三位の「頭痛」は一般的な片頭痛とは違い、特に後頚部に出現するケースが多く見受けられます。

第四位の「背中のだるさ」は頚部のだるさと似ていますが、頚部にだるさは感じないが背中にだるさを感じる症状を指しています。

第五位の「手のシビレ」はむち打ちの際に頚椎が過屈曲・過伸展される衝撃で神経も損傷を受けることで、手のシビレを発症します。

 

このようなデータを有効に活用することで、患者様にとって最適なアドバイスへと繋がり、早期に痛み解消がされるお手伝いが出来ると考えておりますので、与謝野町でむち打ち症状でお悩みの方は宮津市のよこまち鍼灸整骨院までお気軽にお問い合わせください。

 

*******************************************
宮津市にある『よこまち鍼灸整骨院』
TEL:0772-22-0063
住所:京都府宮津市浜町3012 宮津シーサイドマートミップル5階
京都府宮津市 よこまち鍼灸整骨院の受付時間/10:00~13:00、14:00~19:00、休診日/水曜午後・土曜午後、日曜・祝日
公式HPはこちら⇒
宮津市で口コミ1位のよこまち鍼灸整骨院

宮津市にあるよこまち鍼灸整骨院の交通事故についてはコチラ

*******************************************