宮津市で骨盤矯正・鍼灸治療・深層筋調整なら、よこまち鍼灸整骨院

丹後で起立性調節障害でお悩みの方へ

2018年05月26日

起立性調節障害という言葉をご存知でしょうか?
10~16歳位の子どもによくみられる症状で、
不登校の原因の多くを占めるとも言われています。

 

学校に行くのが嫌だから不登校になっているという訳ではなく、
身体が思ったように動かせないために行けない状態を言います。



朝起きることができないため、
親や、周りの人からも、
「ただ怠けてるだけなんじゃないの??」と理解されず、
お子様にとってはとても辛いそうです。 起立性調節障害



ストレスなどの心の病と思われることもあるのですが、
実際は、自律神経のバランスが崩れていることが
根本的な原因なので、自律神経を調整することで症状が緩和されることが分かってきました。

 

鍼灸で自律神経治療

 

自律神経には交感神経と副交感神経に分けられ、簡単に要約すると、
活動する際に働く神経が「交感神経」、
リラックスする際に働く神経が「副交感神経」になります。



自律神経は血圧や睡眠、内臓の働きなど、いろいろなものを意識せずに調整しているため、
腸の自律神経に影響が出れば胃腸が悪くなったり、
血圧の自律神経に影響が出れば起立性低血圧となってめまい等が出現することがあります。



自律神経にはストレスが大きく関係しており、
心の問題も大きく影響していることも事実としてあります。
ストレス刺激は交感神経が優位となり、身体がリラックスしづらい状態になります。



このように起立性調節障害は原因も症状も十人十色なので、その症状に合わせて対応していく必要があります。



起立性調節障害に効果的なセルフトレーニングとしては、壁を背にして立った状態を保持するチルトトレーニングや、散歩や水泳などの運動が効果的です。



チルトトレーニングは、ただ壁を背にして立つだけなんですが、めまいやだるさが強い場合はできない場合もあります。
無理をする必要はないですが、立位状態を保持することで、その負荷により自律神経が鍛えられます。


宮津市のよこまち鍼灸整骨院では起立性調節障害の患者様に対し、鍼灸治療を用いて自律神経の調整を行っております。



鍼灸治療は交感神経の興奮を落ち着かせて、副交感神経を優位な状態にする作用があるため、起立性調節障害のような自律神経の乱れに対しては有効な治療法となります。丹後の女性に対する鍼灸治療

宮津市にお住まいの方で起立性調節障害でお悩みの方は、よこまち鍼灸整骨院までお気軽にお問い合わせください♪

 

*******************************************
宮津市にある『よこまち鍼灸整骨院』
TEL:0772-22-0063
住所:京都府宮津市浜町3012 宮津シーサイドマートミップル5階
京都府宮津市 よこまち鍼灸整骨院の受付時間/10:00~13:00、14:00~19:00、休診日/水曜午後・土曜午後、日曜・祝日
公式HPはこちら⇒
宮津市で口コミ1位のよこまち鍼灸整骨院

宮津市にあるよこまち鍼灸整骨院のに鍼灸治療ついてはコチラ

*******************************************