宮津市で骨盤矯正・鍼灸治療・深層筋調整なら、よこまち鍼灸整骨院

京丹後市で膝痛でお悩みなら

2017年10月1日

秋晴れの日が続き日中は過ごしやすい気候となっておりますが、朝晩は寒くなってきて体調を崩しやすい時期になってきました。
秋と言えば「スポーツの秋!」「食欲の秋!」「読書の秋!」と、いろんな秋がありますが、やはりよこまち鍼灸整骨院として「スポーツの秋!」でしょうかね♪

 

 

最近は小学校では運動会を春に行う学校が多いようですが、やはり秋と言えば運動会ですね!
京丹後市の幼稚園や保育園では、秋晴れの気持ち良い空の下、運動会が開催されているようです♪

 

楽しい運動会ですが、親子競技やリレー等で急に動いたり走ることで、足がもつれて転倒したり、肉離れを起こすお父さんが多いですよね…。
気持ちは走れるつもりだと思いますが、気持ちと身体の動きにズレがあり、結果として足がついていかずに転倒するケースが多くあります。
予防としては準備運動を入念に行うことや、無理をしないことですかね…。
頑張りましょう(笑)

 

 

日頃から運動不足は中年期以降にさまざまな症状として現れることがあります。
内的な症状では、高血圧や糖尿病等の生活習慣病が有名ですが、外的な症状では膝関節痛や腰痛などがあります。
今回はここ数年で特に増えている膝関節痛について述べていきます。

 

 

膝関節痛にはいろいろな原因があり、スポーツや事故等の強力な外力によって引き起こされる側副靭帯損傷や半月板損傷、加齢や肥満等が原因で引き起こされる変形性膝関節症など様々です。
いろいろな膝関節痛の中でも、罹患率が特に多い変形性膝関節症についてピックアップしてみましょう。

 

 

よこまち鍼灸整骨院へは京丹後市からでも変形性膝関節症の痛みを素因として症状を有し、多くの患者様にご来院いただいております。

 

 

変形性膝関節症は特に膝の内側で痛みを訴えることが多く(重心線が内側を通っているため)、軟骨が擦り減ることで痛み症状が出現すると一般的に言われています。
重症化している方ではO脚となり水が溜まって、歩行時にも強い痛みが出現します。

 

 

変形性膝関節症の原因として一番に考えてられるのが、筋力の低下によるものです。
特に太ももの前側にある「大腿四頭筋」という筋肉が衰えることで、自分の体重を筋肉で支えることが難しくなり、その分の負荷が膝関節部に直接加わるようになることで、膝関節に変形を伴うようになります。
また、長年にわたり身体のバランスが崩れた状態を続けることで、膝関節に負荷がかかり、膝関節に変形を起こす要因となります。

 

 

よこまち鍼灸整骨院の変形性膝関節症に対する施術は、下肢の筋肉のバランスを調整して関節軸を揃える施術を行うと同時に、骨盤や背骨のゆがみを矯正し、偏った部位に負荷が掛からないように調整します。
水が溜まることや(水腫)、むくみの強い場合でも筋肉のバランスを調整することで代謝が促進され、早期の改善が期待できます。

 

 

大腿四頭筋の筋力は低下しても、大腿四頭筋の筋肉機能を高めることで、スムーズな歩行が可能になることは、決して珍しいことではありません。

 

 

 

 

京丹後市にお住いの方で変形性膝関節症や膝痛でお悩みの方は、ぜひ一度よこまち鍼灸整骨院までお問い合わせ下さい♪

 

*******************************************
宮津市にある『よこまち鍼灸整骨院』
TEL:0772-22-0063
住所:京都府宮津市浜町3012 宮津シーサイドマートミップル5階
京都府宮津市 よこまち鍼灸整骨院の受付時間/10:00~13:00、14:00~19:00、休診日/水曜午後・土曜午後、日曜・祝日
公式HPはこちら⇒
宮津市で口コミ1位のよこまち鍼灸整骨院

宮津市にあるよこまち鍼灸整骨院の骨盤矯正についてはコチラ

*******************************************