宮津市で骨盤矯正・鍼灸治療・深層筋調整なら、よこまち鍼灸整骨院

鍼灸保険について②

2012年05月4日

鍼灸保険の医師の同意についてですが、これは何科の医師の同意でも結構です。

かかりつけの病院や診療所ですと、患者様の状態を把握されていると思いますので、同意を得られやすいと思いますd(^_^o)

普段あまり病院に行かれない方や、何処で診てもらったら分からないという方は、一度当院までご相談下さいm(._.)m

さて本日は「リウマチ」について説明させていただきたいと思います。

「リウマチ」についてはご存知の方も多いと思いますが、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病の一つで、炎症性自己免疫疾患です。

関節部の障害だけでなく、しばしば血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも障害が及ぶこともあります。

関節部が変形したり、変形がなくても痛みのある場合は鍼灸治療の対象となります。筋肉の強張りに対しても効果が期待出来ます(^-^)/

東洋医学的な面から考察すると、リウマチによる炎症は「冷え」からくるともいわれています。
例えば、「しもやけ」のように冷える事によって、患部の循環が障害されて炎症を起こすような状態と似ています。

そのような状態の部位には、お灸等によって温める事により、炎症反応を抑えることが期待出来ます。

医師に「リウマチ」と診断されたことのある方は鍼灸保険の適応となります。
また、医師による診察を受けた事のない方や、関節の強張りや腫れが強い方は一度当院までご相談下さいm(._.)m

京都府北部 丹後 宮津市
よこまち鍼灸整骨院
院長 横町 和宏