宮津市で骨盤矯正・鍼灸治療・深層筋調整なら、よこまち鍼灸整骨院

京都府鍼灸師会の講習会へ☆

2016年02月1日

1月28日(土)に京都市内にて、公益社団法人京都府鍼灸師会の講習会があり参加してきました!


一般の方を対象とした「未病を治す」という講座と「健康保険を利用した鍼灸治療」という講座の後、会員向けに保険講習会と交通事故治療に対する説明等が弁護士を講師に招き行われました。

「未病」は東洋医学で用いられる言葉で、簡単に説明すると、「まだ病気や怪我にはなっていないが放っておくと病気や怪我へと結びついていく前段階の状態」の事を指します。

一般に西洋医学(現代医学)では、病気や怪我になってから初めて治療を行いますが、東洋医学ではその前段階からアプローチして、病気や怪我を防いでいく考えが「未病を治す」という事です。

説明するとどんどん難しい話になっていきそうですので、要するに、予防が大切って事です。

病気や怪我になってからサプリメントを飲んだり運動する方が多いですが、元気な時から予防を意識して行動する事が大切だと思います!

健康保険を利用して鍼灸治療を行う事も出来ますので、下記の6疾患該当する方はご相談下さいね。
①神経痛②リウマチ③頸肩腕症候群④腰痛症⑤五十型⑥ムチウチの後遺症

京都府北部 丹後 宮津市
よこまち鍼灸整骨院
院長 横町 和宏