宮津市で骨盤矯正・鍼灸治療・深層筋調整なら、よこまち鍼灸整骨院

交通事故に遭ったら③

2016年05月31日

交通事故に遭った際の緊急時の対応についての続きです。

②交通事故現場ですることは?

前回のブログでも書いた通り、必ず警察を呼んで下さい。事故の調査・確認をしてもらいます。その際に事故の実況見分が行われます。警察がくるまでは現場はできるだけそのままにしえおく事が重要です。一応周辺の状況を携帯で写しておくと良いと思います。

目撃者は重要になります。
目撃者がいた場合は必ず、実況見分に立ち会って貰えるかお願いしてください。
客観的な証言はより公正さを持ちます。

③警察が到着する前の示談は絶対にダメです。

示談とは―民法上の和解契約のことで、交通事故で生じた損害賠償額をいくらにするかを話し合いで決めることです。

示談を急ぎその場で解決しようしても失敗する理由は①事故直後は冷静な判断ができずに過失がどちらにどのくらいあるのかも明確でない。②ケガや車の損害状況など、事故直後は不明瞭な事が多くムチ打ちの様に後から症状が起きたり後遺症が残る場合がある為です。

※一度示談を成立させてしまうと原則としてやり直す事が出来ません。
「示談したけどやっぱり痛くなり、整骨院や病院で治療したいので治療費を下さい」と言っても法的な義務は発生しません。
支払うべき・受け取るべき損害賠償の金額も訂正できなくなるので、どちらかの不利益になる恐れがあります。

と、言ったようにざっくりとですが、もしも交通事故に巻き込まれてしまった時にどーしたらいーの?ってことをまとめてみました。

お伝えしたいことはまだまだ沢山ありますが、必要最低限これだけは知っておいてください!

交通事故の相談・治療はよこまち鍼灸整骨院までご連絡ください!

宮津市だけでなく、与謝野町や伊根町、京丹後市、舞鶴市、福知山市等遠方からも通院いただいております(^^)

皆様の元気と笑顔のお手伝い、頑張ります!!(^^)

京都府北部 丹後 宮津市
よこまち鍼灸整骨院
院長 横町 和宏