椎間板ヘルニアは宮津市のよこまち鍼灸整骨院でも治療できます!一度ご相談ください!

椎間板ヘルニア

京都府宮津市・京丹後市の皆さま!このような症状でお悩みではありませんか?

  • 手や足がしびれて力が入りにくい
  • 首や腰が痛くて動けないことがある
  • 手や足の感覚が鈍くなり違和感がある
  • 特に理由はないが、年に何度か首や腰に激痛が走る
  • ギックリ腰を繰り返して起こしている

ヘルニアはなぜ起こる? | 宮津市 よこまち鍼灸整骨院

押し出された椎間板が神経を圧迫しているヘルニアの症状ヘルニアの元々の意味は「飛び出す」ことを指しています。
背骨と背骨との間にあるクッションの役割をしている椎間板が、何らかの原因で飛び出して神経を圧迫することを椎間板ヘルニアと呼びます。

身体を横から見た際に、正常な背骨はキレイなS字状を描いています。頸椎腰椎は前に弯曲している状態(前弯)で、胸椎と仙骨は後ろに弯曲している状態(後弯)になっています。S字状を描いていることにより、動作時にかかる負荷が上手く分散されて身体に無理なく動くことが出来ます。

頸椎と腰椎は前に弯曲している為に、背骨の歪みや変形により弯曲が消失してくると圧力が直接椎間板にかかるようになり、耐えきれなくなった圧力が椎間板を押し出すような状態となり、押し出された椎間板が神経を圧迫してヘルニアの症状が出現します。

ヘルニアが改善しない・悪化する理由とは? | 宮津市 よこまち鍼灸整骨院

背骨や骨盤に歪みが生じていることによりストレートネック猫背腰椎の変形へと結びつきます。仕事や家事で同じ動作を繰り返す場合や、誤った使い方をすることが多いと身体の歪みが顕著になり、椎間板への圧力も強くなる為に痛みやしびれも著名に出現するようになります。頚部や腰部の筋肉の緊張が強い場合も症状が改善しづらい状態になります。

宮津市 よこまち鍼灸整骨院のヘルニアに対する治療法は?

宮津市のよこまち鍼灸整骨院では第一にその症状が本当にヘルニアの症状なのかどうかの検査を行います。
患者様の中には「自分はヘルニアを持っている」とおっしゃる方が多いですが、本当にヘルニアなのでしょうか?多くの患者様の場合、腰や首が痛くなった際に医療機関を受診してレントゲンを撮って診断を受けられています。

MRI等の精密検査を受けずに診断を受け、患者様自身もそれを受け止めているケースが多く見受けられます。MRI等の精密検査を受けてヘルニアと診断されている方でも、本当にヘルニア?というケースも多く見受けられます。

よこまち鍼灸整骨院では骨盤・背骨を矯正し、身体を正しい状態にすることで左右均等に負荷がかかるようにします。背骨に均等に負荷がかかるように、ストレッチや体操も行っていただきます。また、深層筋にアプローチし、神経を圧迫している部分を的確に施術します。ヘルニアに似た症状を起こしているケースの多くは、深層の筋肉が神経を圧迫しています。深層筋に対しては鍼灸治療も効果的ですので、症状によってお勧めすることもあります。

ヘルニアでお困りの方はぜひ一度、宮津市よこまち鍼灸整骨院にご来院ください。

患者様の声| 宮津市 よこまち鍼灸整骨院

  • 宮津市在住 60代女性 N.O様 ヘルニア

    ヘルニアの患者様

    ヘルニアになって、約30年ぐらいになりますが、ほっといたら歩くのも大変だったけど、よこまち鍼灸整骨院にお世話になって、腰の痛みも少しやわらいでいます。
    そして、左肩も悪く、腕が上がらなかったのですが、上がるようになりました。
    今も、よこまち鍼灸整骨院にはお世話になっております。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。