マッサージや薬では治らないそのお悩み、宮津市にあるよこまち鍼灸整骨院の鍼灸治療にお任せください!

鍼灸治療

京都府宮津市・京丹後市の皆さま!このような症状でお悩みではありませんか?

  • 慢性的な腰痛や肩こり
  • 手足のしびれ
  • 自律神経の乱れ
  • 乳幼児の夜泣き・かんむし・夜尿症
  • 妊婦の逆子

鍼灸治療とはどのような治療? | 宮津市 よこまち鍼灸整骨院

東洋医学的なツボに、鍼灸で刺激を与え、経絡を調整する治療となります。マッサージでは届かない深部に直接刺激を与えることができるので、より即効性のある施術を行うことが出来ます。

身体の全身にツボは存在しており、それらのツボを結ぶ経絡を調整することで、「五臓六腑」と呼ばれる部分を調整します。五臓とは、「肝」「心」「脾」「肺」「腎」を指し、六腑とは「胆」「小腸」「胃」「大腸」「膀胱」を指します。鍼灸によりツボを刺激して東洋医学的な経絡を調整する治療となります。また、トリガーポイントと呼ばれる西洋医学的な反応点に鍼灸で刺激を与え、筋硬結を緩和させて血流改善を図り、症状の原因となる筋肉の環境を整える治療となります。

鍼灸治療はどのような症状に効果的なのか? | 宮津市 よこまち鍼灸整骨院

WHO(世界保健機構)では鍼灸の治療効果が認められる疾患として、神経痛やめまいなどの神経系の疾患から、更年期障害などの婦人科疾患、気管支喘息などのアレルギー疾患まで幅広い症状での効果が認められています。その中でもリウマチや頚肩腕症候群などの運動器系の疾患や、婦人科系疾患、神経系疾患、夜泣きやかんむしなどの小児科系疾患では特に効果が現れると考えており、これらの症状でお悩みの方には鍼灸治療をお勧めします。

鍼灸治療が効果的な症状

鍼灸治療は運動系・婦人科系・神経系・小児科系の疾患に効果が認められています。

宮津市 よこまち鍼灸整骨院の鍼灸治療とは?

京都府宮津市 よこまち鍼灸整骨院の鍼灸施術風景よこまち鍼灸整骨院で行う鍼灸治療は、東洋医学的な要素と西洋医学的な要素を組み合わせて施療を行います。

内科的な疾患では東洋医学の観点から施療を行います。肩こりや腰痛等の運動器疾患に関しては、痛みの直接の原因となっているトリガーポイント深層筋(インナーマッスル)に対して施療を行います。
神経痛や関連痛がみられる場合等は鍼とお灸を組み合わせた灸頭鍼を行う場合もあります。痛みを起こす原因となる筋肉に的確に刺激を与えると、患者様自身も「まさにそこが急所!」「そこがツライ場所です!」と、鍼の刺激に納得される反応が起こります。

鍼灸治療は不調の原因となる自律神経の乱れを改善します。
是非一度よこまち鍼灸整骨院で鍼灸治療を受けてみてください。